delim
コアシェルカラムRaptor

SPPによる速さ

USLC®による分離

LCカラムの新しい概念


  • 分析時間のさらなる短縮をもたらす高い効率
  • 分離の改善につながるより良い選択性
  • 既存のHPLCとUHPLCによるサンプルのスループットの改善
  • 持続可能な再現性

次世代の幕開け

表面多孔性粒子(一般的にSPPまたは「コアシェル」粒子と呼ばれる)の効率により、より低い背圧で高速分離をおこなえることが証明されています。この利点により、既存のHPLCを用いて高速分離をおこなうことができます。 粒子径を小さくすることで、SPPは全多孔性粒子よりもUHPLCの効率を向上させます。SPPは薄い多孔性シリカで覆われた透過性のない固体のコアを特徴とし、流路拡散を減少させ、ピーク分散を小さくします。その結果、同等サイズの従来の全多孔性粒子よりもはるかに高い効率をもたらします。コアシェル粒子はLCを変えましたが、それは始まりに過ぎません。

新しい概念

Raptor LCカラムによるSPP コアシェル技術の発展はRestekの誇りです。表面多孔性粒子により強化されたカラム効率は分析時間をかなり短縮しますが、分離能(ピークの分離)にはほとんど影響しません。一方、選択性により分離能は大きな影響を受けますが、分析時間の改善はほとんどみられません。頑健な1.8、2.7および5µmの表面多孔性粒子と、固定相のもたらす選択性という概念によるRestek独自の超選択的液体クロマトグラフィー(Ultra Selective Liquid Chromatography, USLC)固定相を組合わせたRaptor LCカラムは、クロマトグラファーに両方の利点を提供します。

高い選択性をもたらすUSLC技術とSPPによるスピードを初めて組合わせたRaptor LCカラムは、迅速かつ効率的なメソッド開発に利用できる最も強力なツールを提供します。RestekのLCカラムは、業界でも定評のあるプラス1サービスと信頼性の高い製造および品質管理システムによって支えられています。Raptor LCカラムのもたらす進化した選択性をお試しください。

Restek 文献サインアップ

Raptor™ LC カラムだけが
表面多孔性粒子による高い効率と
USLC固定相による分離能の改善を
USLC® 提供します。

典型的な固定相の全多孔性粒子では
保持時間は長く、分離も悪くなります。

典型的な固定相の表面多孔性粒子(SPP)では
全多孔性粒子よりも保持時間は短くなりますが
分離は変わりません。

選択性の高いUSLC固定相を有する
Raptor LC カラムだけが
保持時間と分離能の両方を改善します。

Restek USLC技術


Raptor C18 LC カラム (USP L1)

  • 逆相クロマトグラフィーで一般的に使用されるトラディショナルなエンドキャップがほどこされたC18の理想形
  • 広いpH範囲(2-8)により多くのアプリケーションやマトリックス及び化合物において優れたデータ品質が得られます
  • Raptor固定相のうち最も疎水性保持が強い
  • Restek のコアシェルタイプRaptor LC カラム の粒子径サイズは1.8、2.7および5µm

Raptor ARC-18 LC カラム (USP L1)

  • 理想的なハイスループットLC-MS/MSアプリケーションを最低限のサンプル前処理で
  • 多成分一斉分析とより良い検出のためのバランスのとれた保持プロファイル
  • 保持やピーク形状を犠牲にせずに低pHの移動相の使用が可能
  • Restek のコアシェルタイプRaptor LC カラム の粒子径サイズは1.8、2.7および5µm

Raptor Biphenyl LC カラム (USP L11)

  • 薬物や代謝物分析といった生化学分野のアプリケーションに最適です。
  • C18や他のフェニルカラムでは溶出が早すぎたり、分離が難しい化合物に対する選択性や保持が向上。
  • イオンサプレッションを回避し、シンプルで質量分析計に優しい移動相が可能に。
  • Restek のコアシェルタイプRaptor LC カラム の粒子径サイズは1.8、2.7および5µm

Raptor EXP ガードカラムカートリッジ

工具不要の手締めタイプなので、締めすぎて接続箇所を破損したりせずに簡単にカートリッジ交換ができます。
特許取得のチタンハイブリッドフェラルは、高圧でもシール性を失わずに繰り返し使用できます。
自動調節可能なZDV(ゼロデットボリューム)により、どんなタイプの10-32メスポートでも接続できます。

EXP ダイレクト コネクト ホルダー

工具不要の手締めタイプなので、締めすぎて接続箇所を破損したりせずに簡単にカートリッジ交換ができます。
特許取得のチタンハイブリッドフェラルは、高圧下でのシール性を損なうことなく、繰り返し使用できます。
自動調節可能なZDV(ゼロデットボリューム)により、どんなタイプの10-32メスポートでも接続できます。
EXPダイレクトコネクトホルダーには、別途ガードカラムカートリッジが必要です:内径は2.1、3.0及び4.6mmのものがあります。

HPLC & UHPLC用EXP フィッティング 10-32フィッティング、 1/16" 配管用

EXP Hand-Tight Fittings

  • Hand-tight fitting style achieves effortless HPLC sealsno tools needed for a 8,700+ psi seal.
  • Both hand-tight and hex-head styles wrench tighten for reliable UHPLC use up to 20,000+ psi!
  • Patented ferrule can be installed repeatedly without compromising high-pressure seal.
  • Hybrid design combines the durability of titanium with the sealing ability of PEEK.
  • Cutting-edge system provides ZDV (zero dead volume) connection to any 10-32 female port.
  • Compatible with 1/16" PEEK and stainless steel tubing.
一般的な興味

The Effects of LC Particle Choice on Column Performance: Switching from 3 and 5 µm Fully Porous Particles (FPP) to 5 µm Superficially Porous Particles (SPP)

In this technical note, we will compare the performance of Raptor 5 µm superficially porous particle (SPP) LC columns to traditional 3 and 5 µm fully porous particle (FPP) LC columns. We will demonstrate how faster, more efficient analyses can be attained with greater sensitivity and reduced system pressure by switching from FPP to SPP—without altering method conditions.

一般的な興味

The Effects of LC Particle Choice on Column Performance: 2.7 vs. 5 µm Diameter Superficially Porous Particles (SPP)

Restek's Raptor™ LC columns feature superficially porous particles (commonly referred to as SPP or “core-shell” particles) and are available in both 2.7 and 5 µm particle sizes, giving analysts greater flexibility. However, it may not always be clear which particle size to choose. In this technical note, we will examine the differences in efficiency, sensitivity, and pressure between Raptor™ LC columns packed with 2.7 vs. 5 µm particles and provide advice on making the appropriate LC particle choice